スマートフォン版へ

【次走】リッジマンは蛯名騎手で京都大賞典を視野

  • 2019年09月11日(水) 17時00分
 4月28日の天皇賞・春(GI・京都芝3200m)で8着のリッジマン(牡6、栗東・庄野靖志厩舎)は、引き続き蛯名正義騎手とのコンビで、10月6日に行われる京都大賞典(GII・京都芝2400m)を視野に入れていることがわかった。

 リッジマン父スウェプトオーヴァーボード母アドマイヤモンローその父Caerleonという血統。通算成績は28戦6勝で、昨年のステイヤーズSを制したほか、同年のダイヤモンドSで2着などの実績がある。

 鞍上の蛯名騎手が京都大賞典に騎乗するのは、1995年ステージチャンプ、2015年カレンミロティックに続き、今回が3度目となる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す