スマートフォン版へ

ワールドプレミア、神戸新聞杯1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

  • 2019年09月12日(木) 13時30分
 若葉S2着の後、休養を挟んで、秋に備えたワールドプレミア(栗東・友道康夫厩舎)。ノーザンF天栄から8月17日に栗東へ帰厩しており、神戸新聞杯(9月22日・阪神芝2400m)に向けて、着々と追い切りを積み重ねている。

 今朝12日はレースに向けた1週前追い切り。藤岡康太騎手(レースは武豊騎手)が跨り、CWコースでの3頭併せで真ん中。前後には新馬という状況だったが、道中のラップはそれなりに速く、決して緩い流れではなかった。

 最後の直線に向いたところで、前を走るポタジェとの差は1馬身ちょっとだったが、それをじわっと詰めて、ラスト1F地点ではちょっと前へ出る手応え。ただ、相手もしっかりと食い下がってきて、最後は同入というゴールだった。

 時計は6F82.8〜5F67.2〜4F52.6〜3F38.6〜1F12.2秒。数字的なことや、新馬相手に先着できなかったことなど、派手さのない追い切りではあったが、春は併せ馬で遅れたり、時計が地味だった馬。それを思えば、当時よりも動いているし、ここまでしっかりと乗り込まれていることは評価したい。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す