スマートフォン版へ

【2歳未勝利】(阪神1、2、3R) メイショウユリシス、テイエムサウスダン、ベルティアラが勝利

  • 2019年09月14日(土) 13時45分
 阪神1Rの2歳未勝利(牝馬・ダート1400m)は2番人気メイショウユリシス(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒9(稍重)。半馬身差の2着に1番人気オウケンラブキセキ、さらにクビ差の3着に8番人気マサハヤアンが入った。

 メイショウユリシスは栗東・高橋亮厩舎の2歳牝馬で、父メイショウサムソン母フェスティヴレディ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は3戦1勝。

〜レース後のコメント〜
1着 メイショウユリシス(秋山真一郎騎手)
「最後はいい脚を使ってくれました。ダートも合っていると思います」

2着 オウケンラブキセキ(北村友一騎手)
「悔しいです。砂を被らず、いい位置で競馬ができました。しかし、腰に甘さがある分、坂を上がって脚が鈍るところがあります。それでも最後まで走り切って頑張ってくれています」

5着 フェールアシュバル(団野大成騎手)
「血統的にも大丈夫だと思いましたが、芝スタートの走りは良かったです。最後は最初の3ハロンが速かった分が出ました。使っていくうちに良くなっていくと思います」


 阪神2Rの2歳未勝利(ダート1200m)は5番人気テイエムサウスダン(鮫島良太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒8(稍重)。8馬身差の2着に1番人気サウンドサンビーム、さらに1馬身差の3着に3番人気グッドステージが入った。

 テイエムサウスダンは栗東・飯田雄三厩舎の2歳牡馬で、父サウスヴィグラス母ムービングアウト(母の父Langfuhr)。通算成績は3戦1勝。

〜レース後のコメント〜
1着 テイエムサウスダン(鮫島良太騎手)
「初めて乗ったので比較はつきませんが、中間の調教は結構毎日のように乗せてもらっていました。体が重かったので強めに乗っていましたが、それが効いたかもしれません。コーナリングが上手くなっていて、4コーナーから直線にかけて動き出してからが速かったです。まだまだ緩いので、強い勝ち方をしたのはビックリしました。距離はもっとあってもいいと思います」

3着 グッドステージ(川須栄彦騎手)
「スタートを上手に切って、マイペースでスムーズなレースができました。交わされてからも差し返すところを見せていたので、今日は現状の力は出してくれたと思います」

4着 アビエルト(斎藤新騎手)
「スタートはだいぶ改善されてきました。2番手には付けられましたが、促しながらの感じでした。4コーナーも前回は自分から進んでいきましたが、今日はグッと来るものがありませんでした。4コーナーから手応えが怪しくなり、勢いのある馬に交わされてからパタッと止まってしまいました。今日の走りを見ると、芝の方が走りやすいのかなと思います」


 阪神3Rの2歳未勝利(芝1600m)は9番人気ベルティアラ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒6(良)。クビ差の2着に1番人気ファイヤーテーラー、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気エアリーフローラが入った。

 ベルティアラは栗東・牧田和弥厩舎の2歳牝馬で、父エピファネイア母ショウサンミーベル(母の父フジキセキ)。通算成績は2戦1勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ベルティアラ(幸英明騎手)
「強かったです。ビックリしました。4コーナーを回る時に手応えがあったので、そこそこ来られるかと思っていました。いい脚を使ってくれましたし、状態も良かったと思います」

7着 ネクサスアルカナム(岩田望来騎手)
「まだ踏ん張れないところがあって、返し馬でももたれていました。最後はジリジリという感じになってしまいました。前走よりは良くなっていると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す