スマートフォン版へ

【2歳未勝利】(中山3、4R) エリーグランプリ、ハーモニーマゼランが勝利

  • 2019年09月14日(土) 14時57分
 中山3Rの2歳未勝利(芝1200m)は5番人気エリーグランプリ(菅原明良騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒6(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気コスモアンジュ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気チェアリングソングが入った。

 エリーグランプリは美浦・武市康男厩舎の2歳牝馬で、父グランプリボス母ブリッジポート(母の父ロージズインメイ)。通算成績は2戦1勝。

〜レース後のコメント〜
1着 エリーグランプリ(菅原明良騎手)
「デビュー戦の1400m戦では最後の200mでバテた感じでした。今日は1200mで斤量も軽くなりましたから積極的なレースをしました。スピードがあっていい馬でした」

2着 コスモアンジュ(丹内祐次騎手)
「今日の感じだと1200mの距離がベストなのだと思います」

3着 チェアリングソング(田辺裕信騎手)
「いいポジションは取れたのですが、思ったより前のペースが遅くなってしまいました。この馬なりにいい走りはしていたと思います」

4着 ネバーランド(木幡巧也騎手)
「思ったよりスタートで出ず、位置が後ろになりました。馬群の中で我慢ができたのは収穫です」


 中山4Rの2歳未勝利(芝1600m)は2番人気ハーモニーマゼラン(木幡巧也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。クビ差の2着に1番人気オーロラフラッシュ、さらに2馬身差の3着に6番人気プリマジアが入った。

 ハーモニーマゼランは美浦・牧光二厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー母スターズアラインド(母の父Sea The Stars)。通算成績は4戦1勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ハーモニーマゼラン(木幡巧也騎手)
「前走で出していったこともあり、今日はスタートしてからスーッと行けて、いい位置につけられました。これまで惜しいレースが続いていて順番待ちだったので、勝つことができて良かったです」

2着 オーロラフラッシュ(C.ルメール騎手)
「最初は少し忙しかったですが、段々と伸びてくれました。ただ、4コーナーで押し出されてしまい、あまりに大外を回ることになりました。それでも最後はいい脚でした」

4着 マイネルチューダ(柴田大知騎手)
「スタートして流れに乗れましたが、まだまだ子供っぽいですね。フラフラしていたり、ハミを取ったり取らなかったりしていました。成長余地があるのでこの先が楽しみです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す