スマートフォン版へ

【セントライト記念】メイショウテンゲン陣営「実績のある中山コース。馬場は問わない」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2019年09月16日(月) 06時00分
 中山のセントライト記念では、メイショウベルーガの仔であるメイショウテンゲンが秋競馬に向けて始動します。この夏は、暑い栗東トレセンではなく涼しい函館競馬場に帰厩。栗東には、かなり涼しくなったころに戻ってきています。

「北海道でもすごく順調に過ごせましたね。栗東に戻ってから少し残暑が厳しかったりしましたが、無事乗り切ってくれました」と担当の土屋助手。

 夏を越したテンゲンくん、少し背が伸びた印象こそありますが、全体的な雰囲気はあまり変わっていないかな(笑)。ガツンと大人っぽくなった印象は受けませんでした。

「まだ緩さはありますね。これからもっと成長してくると思います」

 今回の舞台は弥生賞を勝った中山コース。弥生賞は道悪でしたが、今週は小雨が時折チラつくとはいえ、極端に悪い馬場にはならなさそうです。

「重馬場の弥生賞で勝ちましたが、良馬場でも走れる馬だと思っており、馬場は問わないと思っています。距離も問題ないです。次に繋がるような内容のレースを期待しています」

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す