スマートフォン版へ

【勝負の分かれ目 セントライト記念】菊本番に向け、勝ちパターンに幅ができた一戦

  • 2019年09月16日(月) 20時00分
 3着までに菊花賞の優先出走権が与えられる第73回セントライト記念のゲートが開き、18頭が中山のターフに飛び出した。

 最内から出たザダルが好スタートを切り、横山典弘が乗る4枠8番のリオンリオンがスタンド前でハナに立った。

 それらに14番アトミックフォース、17番ナイママ、18番ランフォザローゼスら外枠の馬たちが並びかけ、かわしにかかりながら1コーナーに入って行った。それにより、流れがやや速くなった。

 横山は外の馬たちを先に行かせ、がちっと手綱を抑えて3番手の内にポジションを固定した。

 逃げずにレースを進めるのは、横山との初コンビとなった2月の水仙賞(3着)以来4戦ぶりだった。

「久しぶりに抑える競馬でしたが、いい感じで行けました」と横山。

 重馬場でありながら1000m通過が59秒8というよどみない流れとなったこともあり、リオンリオンは、やや行きたがりながらもギリギリのところで折り合っていた。

 逃げるアトミックフォースから最後方までは15馬身ほどの縦長になった。

 3コーナーで後方3番手にいたニシノデイジーあたりも浮上してきそうな展開にも見えたが、先行勢の手応えも悪くない。

 なかでもリオンリオンは、道中抑え気味だったそのままの、抜群の手応えで内を進み、前が開くのを待っている。

 アトミックフォースが先頭のまま直線に入った。その外にびっしり馬体を併せ、リオンリオンの前を塞いでいたナイママが下がり加減になった。それによって生じたアトミックフォースの外のスペースに、横山はリオンリオンを誘導し、スパートをかけた。

 リオンリオンは横山の左ステッキに応え、ラスト200m地点でアトミックフォースをかわして先頭に躍り出た。

 そのまま後続の追い上げを完封し、2着のサトノルークスに2馬身差をつけてフィニッシュ。青葉賞以来となる重賞2勝目をマークし、菊花賞に向けて勝ち名乗りを挙げた。

「まだよくなってほしいところもあるけど、馬場にも対応してくれたし、秋初戦としては言うことがありません」

 菊本番に向け、勝ちパターンに幅ができたことを示す一戦となった。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す