スマートフォン版へ

【神戸新聞杯】サートゥルナーリア雪辱へ感触上々 ルメール「いい結果を」

  • 2019年09月17日(火) 06時15分
 「神戸新聞杯・G2」(22日、阪神)

 皐月賞サートゥルナーリアが、反撃を見据え、満を持して復帰する。前走のダービーは、発馬が決まらなかったことも響いて4着。後方からメンバー最速の上がり3F34秒1の末脚で追い込んだが、デビュー5戦目にして初黒星を喫した。辻野助手は「ゲートに入る前からいつものテンションではなかった。あれだけ出遅れると、当時の東京の馬場では厳しかったですね」と悔しそうに振り返る。

 夏は放牧に出て充電した。「いい意味で余裕を持った状態です。いい体つきで帰ってきました。牧場でしっかりと乗り込んで基礎的な部分はできていましたね」と同助手の感触は上々。11日の1週前追いは、栗東CWでルメールを背に単走。6F82秒8-36秒1-11秒3の時計以上に躍動感は十分で、鞍上も「自分から加速して、直線はよく動いていました。いい気持ちでしたね」と明るい表情だ。

 ダービーは騎乗停止でレーンに手綱を譲り、「本当に残念だった。自分を怒りました。ダービーでチャンスのある馬に乗れるのは珍しいですから」と自らを責めた。「絶対能力が高い馬。いい結果を出したいです。自信はあります」とリベンジにかける思いは強い。今後を占う重要な一戦。同世代のライバルを打ち破り、さらなる強敵が待つ大舞台へ駒を進める。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す