スマートフォン版へ

【オールカマー予想】末脚勝負なら◎ミッキースワロー/JRAレース展望

  • 2019年09月22日(日) 06時05分
 かつては、その名前のとおりに地方競馬所属馬も参加できるハンデ戦だったが、現在は優勝馬には天皇賞・秋への優先出走権が与えられる、別定重量のGII戦。昨年の優勝馬レイデオロは、本レース制覇後、そのまま天皇賞・秋を制している。

 今年は逃げ馬不在のメンバー構成となり、ハイペースの展開は考えにくい。ゆったり流れて末脚勝負になるなら◎ミッキースワロー。父トーセンホマレボシは芝2200mの日本レコードを樹立した(当時)快速馬で、その半兄トーセンジョーダンも芝2000mの日本レコードホルダー。中距離のスピード決着に強い血統だ。実際、ミッキースワローも中山芝2200mコースは3戦して2勝2着1回と相性も良く、斤量の56キロもこの馬としては恵まれていると判断できる。本命だ。

 コース相性という話ならば昨年の覇者○レイデオロも適性は高い。5歳世代のダービー馬で昨年の天皇賞・秋1着、有馬記念2着、一昨年のジャパンC2着と実績も申し分ない。前走の宝塚記念は2番人気を裏切ったが、海外遠征帰りの初戦で本調子を欠いていたと見れば大きく割り引く必要もないのではないか。

 香港でG1ウイナーの仲間入りを果たした▲ウインブライトは海外帰りの初戦とはいうもののリフレッシュ放牧をはさんでしっかりと仕上げられてきた印象だ。58キロは中山金杯で克服済みで、早い時計の決着にも強いことを中山記念で証明している。有力候補であることに変わりはない。

 上位3頭は強力だが、シーズン開幕直後の1戦だけに紛れが生じるとすれば重賞2勝の△スティッフェリオ七夕賞ミッキースワローに迫った△クレッシェンドラヴ札幌記念の内容に不満が残るも青葉賞に勝っている△ゴーフォザサミットにもチャンスが出てくるかもしれない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す