スマートフォン版へ

グローリーヴェイズ、京都大賞典1週前厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2019年09月27日(金) 18時45分
 春の天皇賞(GI)2着のグローリーヴェイズが、秋シーズンは得意の京都競馬場の京都大賞典で始動。26日(木)に1週前追い切りを併せ馬で消化している。追い切り後の尾関調教師のコメント。

「今週の追い切りは、この馬のいつものパターンでしっかりとやっています。併せた馬(ブロードアリュール・セン5・2勝)は稽古駆けしますし調子も良いので、その馬に遅れはしましたが騎乗した簑島騎手はいつもの感じで何の問題もないと話していました。

 これから適距離が短くなるかもしれないと考えていましたが、夏にノーザンファーム天栄で調整するうちにズブさが出てきましたし、この感じだと2400mくらいが適距離に落ち着くと思います。前走の天皇賞までは体重が増えていたのですが、今回は前走とほぼ同じくらいの体重で出走することになりそうです。

 馬体が緩くても以前と同じくらいの体重ですし、走りも安定してきましたので、成長するというよりもこの秋は完成期に入ってきた印象を受けます。京都大賞典後の予定はまだ決まってはいませんが、相性の良い京都コースが来年の春の開催の後に改修工事に入るので、そこまでは全力投球でいきたいと思っています」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す