スマートフォン版へ

【レディスプレリュード予想】JBCレディスクラシックを占う前哨戦! 上位人気を素直に信頼してもヒモ荒れには要警戒!/地方競馬レース展望

  • 2019年10月02日(水) 18時33分
 2011年にTCKディスタフから改称され、交流重賞となり「Road to JBC」にも指定された本競走。その2011年以降は中央馬が勝利していて、地方所属馬は2着止まりとなっている。

 今年の出走メンバーをみても、やはり中央馬が優勢なのは否めない。なかでも、最も注目しているのはファッショニスタ。前走のスパーキングレディーCでは抜群の好スタートを切り、ハナはサルサディオーネに譲る形となったが、2番手からの競馬。直線なかばで前を捕らえると、そこからどんどん差を広げて快勝。上がりもメンバー最速だった。

 昨年のJBCレディスクラシックのように後方から差す競馬もできるし、デビュー以来16戦して馬券圏内を外したのはわずか2回だけという安定感も買いの材料だ。

 相手筆頭は、昨年の覇者プリンシアコメータ。前走はアンデスクイーンに敗れたが、休養明けに加え、57キロの斤量で内容的にも悲観することはない。ブリーダーズGC2着からのローテは昨年と一緒だし、ブリーダーズGCをステップに出走して優勝した3頭はすべて2着だった(プリンシアコメータ以外は2014年ワイルドフラッパー、2015年サンビスタ)というデータからも後押しできる。

 2016年に4番人気で勝ったタマノブリュネットを除いて1、2番人気のどちらかしか出ていないので、軸は上位人気を素直に信頼したほうが良いが、2、3着候補なら人気薄の馬にもチャンスはある。

 実際、6番人気以下からも6頭が3着内に入っており、「5枠より外の枠」「4、5歳馬」のいずれの条件に当てはまる馬が6頭中4頭を占めているので、該当馬には注目したい。
(取材・文=「勝馬」記者・豊岡加奈子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す