スマートフォン版へ

【凱旋門賞】武豊は好印象!ソフトライトで騎乗復活 当日は他のG1騎乗も決定

  • 2019年10月03日(木) 08時00分
 「凱旋門賞・仏G1」(6日、パリロンシャン)

 武豊騎手(50)=栗東・フリー=が地元フランスのソフトライト(牡3歳、ルジェ)で凱旋門賞に挑む。当初予定していたブルームは回避したが、再びチャンスが訪れた。当日は他のG1・3レースに騎乗も決定。大舞台へ向けて意気込みを語った。なお、凱旋門賞は12頭立てとなった。

 しぼんだはずの夢が大きく膨らんだ。凱旋門賞の騎乗復活に武豊は顔をほころばせた。当初予定していたブルームは回避したが、ドーヴィル大賞・仏G2・2着のソフトライトの騎乗依頼が舞い込んだ。イタリア人オーナーの強い希望で、12万ユーロ(約1440万円)の追加登録料を支払っての出走となる。同馬は1日にドーヴィルで併せ馬を行った。併せた相手に騎乗した武豊は「乗りやすそうな馬」と印象を口にした。

 当日は他のG1・3レースの騎乗も決まった。1Rマルセルブーサック賞は依頼を受けていた日本産馬のサヴァラン。「ビデオを見て、いいレースをしている。凱旋門賞当日にディープ(インパクト)の子に乗って出られるのはうれしい」と楽しみにしている。2Rジャンリュックラガルデール賞はヘルタースケルター。「乗り難しいと聞いていたけど、調教はそんなことなかった」と好感触。5Rオペラ賞のコムは「調教の動きが良かったし、すごく乗りやすい。(6月の)ディアヌ賞でいいレース(2着)をしているしチャンス」と力が入る。

 「全部外国馬だね。日本人騎手が外国馬に乗って出るんだもんね」と外国人騎手が活躍する日本の逆をいくパターンに笑顔。日本の名手が世界の大舞台で存在をアピールする。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す