スマートフォン版へ

【毎日王冠】ダノンキングリー「萩原清厩舎×戸崎圭太騎手」は出色の好走率/データ分析(ゴールデンコンビ編)

  • 2019年10月04日(金) 18時15分
 netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がった毎日王冠の「ゴールデンコンビ」はこちら。

萩原清厩舎×戸崎圭太騎手(ダノンキングリー)】

 1番人気濃厚だが、やはりこのコンビを推さざるを得ないだろう。萩原清厩舎の騎手別成績を見ると、「直近5年」で29勝、「直近1年」で7勝とともに戸崎騎手が最多勝。主戦騎手として君臨している。

 特筆すべきは「直近1年」における好走率の高さで、成績は7-4-3-8。複勝率63.6%、複勝回収率122.7%と出色の数字となっている。もともと萩原清厩舎は「一戦必勝タイプ」ではあるが、とりわけ勝負どころでは戸崎圭太騎手を起用する傾向が強い。例えば、期待の良血メッシーナにはデビュー2戦目に乗り替わってしっかり勝利に導き、19年9月1日の1勝クラスでも1番人気に応えて優勝している。

 ダノンキングリーはデビューから5戦全てで戸崎騎手が騎乗。3-1-1-0とほぼ完璧な成績ながら、クラシック2戦はタイム差無しの3着2着と涙を飲んだ。悲願のGI初制覇に向けて、秋初戦から好レースを見せてくれることだろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す