スマートフォン版へ

【毎日王冠レース後コメント】ダノンキングリー戸崎圭太騎手ら

  • 2019年10月06日(日) 18時40分
東京11Rの第70回毎日王冠(3歳以上GII・芝1800m)は1番人気ダノンキングリー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒4(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気アエロリット、さらに1馬身1/4差の3着には3番人気インディチャンプが入った。

ダノンキングリーは美浦・萩原清厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト母マイグッドネス(母の父Storm Cat)。通算成績は6戦4勝。

〜レース後のコメント〜

1着 ダノンキングリー(戸崎圭太騎手)
「馬の力で勝たせてもらいました。馬場も、時計も速いので良いポジションでレースをしようと思っていましたが、後手を踏んでしまいました。ただ手応えもありましたし、あとはリラックスさせてリズム良く走らせました。馬の良いところ、切れ味を証明することができました。夏を越えて、順調に心身ともに成長していると思います。力をつけて、GIでも活躍できるよう、僕自身もワクワクしています」

2着 アエロリット(津村明秀騎手)
「ペースはちょうど良く、最後にインディチャンプを差し返してくれて、力のあるところは見せられました。3コーナーで自分から力むところがあったので、そこが影響したのかもしれません」

3着 インディチャンプ(福永祐一騎手)
「ゲート練習をしたおかげで、良いスタートを切ることができました。道中は番手追走でしたが、斤量の58キロなのか、休み明けなのか、どれが原因かはっきり分かりません。ただ、この馬の成長を感じましたし、マイルならまた頑張ってくれると思います」

4着 ペルシアンナイト(A.シュタルケ騎手)
「勝った馬が強かったです。よく走っていて、内容も良かったです。彼の力は出し切れたかと思います」

6着 モズアスコット(内田博幸騎手)
「勝った馬は強かったです。休み明けで+10キロ、加えて1800mという条件の中でも終い脚を使ってくれました。使って良くなるでしょうし、マイルもしくは1400mなら、さらにやれると思います」

8着 ハッピーグリン(服部茂史騎手)
「長いところを使ってきた影響なのか、追い出してからの反応が鈍かったです。状態は良かったですが、残念です」

10着 マイネルファンロン(柴田大知騎手)
「メンバーも東京コースも、この馬には厳しかったですね。2000mでコーナーが4つある競馬のほうが向いていそうです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す