スマートフォン版へ

【門別競馬情報】昨年までの21回で「地方馬」11勝(うち北海道9勝)「中央馬」10勝とほぼ互角!今年も勝って「3連覇」狙う地元門別の2歳牝馬!「第22回エーデルワイス賞JpnIII」/地方競馬情報

  • 2019年10月09日(水) 21時00分
 3夜連続「重賞ナイト」を締め括る2歳牝馬のダートグレード競走が、10日(木)11Rで行われる「第22回エーデルワイス賞JpnIII/門別1200m外回り 1着2000万円」だ。今年はJRA勢4頭を地元11頭が迎え撃つ。

 昨年までの21回で「JRA」10勝「北海道」9勝「岩手」1勝「佐賀」1勝という内訳。ほぼ互角の情勢で、ここ10年に限ってみても「JRA」5勝「北海道」5勝で全くのイーブンなのだが、今年のホッカイドウ2歳牝馬は例年にも増して快足馬が多く層が厚い。贔屓目もあるだろうが、上位独占まで期待したくなる顔ぶれとなった。

 2週連続のダートグレード競走制覇めざす藤田菜七子騎手54鞍上のデビルスダンサーはじめJRA勢に人気が集まることも想定されるが、当欄は期待も込めて地元ホッカイドウ門別勢が優位とみて、以下に紹介していきたい。

 中でも期待値が大きいのは、共にこの門別ダートで3戦3勝のプリモジョーカーアザワク角川秀樹厩舎勢。師は2008年アンペアで初制覇(※この年を最後に廃場となった道営旭川競馬の最終競走となったレースでした)を決めると、翌年からの10年間で4勝(2009年オノユウ/2012年ハニーパイ/2015年タイニーダンサー/2017年ストロングハート)を加え、エーデルワイス賞通算「5勝」という圧倒的な実績を残している。

 プリモジョーカーは前走同距離のトライアル重賞リリーカップH3(1着馬に優先出走権)を1分12秒5の好時計で逃げ切り、3馬身差の快勝。一方のアザワクは3勝すべてが1ハロン短い1000m戦、しかもまだ重賞タイトルはないのだが、その3勝全ての勝ちっぷりに大物感が表れていた。新種牡馬カレンブラックヒルの産駒であることも注目要素の一つとなるだろう。

 他にも、2走前1000mの牝馬重賞フルールカップH3を逃げ切ったコーラルツッキー、距離の違うトライアル重賞2戦いずれも好走(リリーカップH3=2着、1600m内回りのフローラルカップH3=3着)のグローリアスレゴンリリーカップH3で差し脚伸ばし3着のミナトノヨーコ、フルールカップH3で先手から2着に踏ん張ったレインズパワーら「ダッシュ力&スピード」の魅力大きい素質馬が揃っている。

 まだまだレースキャリアに乏しい2歳牝馬の多頭数レースということで、有力馬が発馬ミスなどで本来の能力を発揮できず、思わぬ伏兵が台頭するシーンなども考えられるだけに、好配当、いや高配当が飛び出す可能性も十分にありそう。20時00分のゲートインを楽しみにお待ちいただきたい。

(文=ひだか応援隊)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す