スマートフォン版へ

【豪・コックスプレート追い切り】リスグラシュー順調「まったく心配ない」

  • 2019年10月09日(水) 13時50分
 10月9日朝オーストラリアのウェリビー国際検疫所にて、10月26日に行われるG1・コックスプレートに出走予定のリスグラシューが追い切りを行なった。

 同馬は単走で芝コースに入り、残り1000mから徐々にペースを上げ、持ったままの馬なりで5F67.1秒、最後の1Fを11.4秒で走破した。

 騎乗した岡助手は「最後の2Fは予定よりは速くなったが、持ったままの余裕の状態でこの時計は状態が良い証拠。輸送からここまでとても順調にきているのでまったく心配はない」とコメント。

 コックスプレートではD・レーン騎手が騎乗する事が発表されており、来週水曜日には同レースが開催されるムーニーバレー競馬場での追い切りも予定されている。

 また、12日の土曜日のコーフィールド競馬場ではコックスプレートでリスグラシューのライバルとなる、アヴィリウス、ホームズマン、ダンステリアがコーフィールドSに、有力3歳馬・ダーラサンがコーフィールドギニーに出走予定でこちらも無事にギニーに勝利したらコックスプレートへ向かう事が発表されており、リスグラシューが挑戦するコックスプレートに向けて非常に重要な1日となる。

(取材:川上鉱介)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す