スマートフォン版へ

【JRA】コントラチェック藤沢和雄師「好位からでも問題ないと思う」/秋華賞共同会見

  • 2019年10月09日(水) 17時00分
 藤沢和雄厩舎から秋華賞コントラチェック(牝3)とシェーングランツ(牝3)の2頭が出走する。ともに坂路コースで最終追い切りを消化し、管理する藤沢調教師が共同記者会見に臨んだ。

コントラチェック

(坂路での最終追い切りについて)
「さほど大きな馬ではないので、とても調整は楽でした。関西出張もありますので、そんなに速い時計ではありませんでしたが、気が良いのでいつも動きは良いと思います」

(オークス・GI・9着から直行となるが?)
オークス後に騎手から幾分距離が長いのではないかと言われていました。気が良くて大きな馬でもないですし、坂路で十分乗り込んでいるので問題ないと思います」

(夏を越して成長した点は?)
「気の良くて落ち着いたという感じはないですけど、年齢にふさわしいそれなりの気配だと思います」

(京都への輸送については?)
「2歳の早いうちから競馬をさせてもらっていて、牧場、函館、札幌といろいろな場所に行っていますので、輸送は全く問題ないと思います」

(この馬にとって京都の2000mは?)
「中山では上手な競馬をしていたので、京都も対応できると思います」

(これまでの3勝がすべて逃げ切りだが、今回はどのような競馬を?)
「今回より下のクラスでのレースだったので、ハナへ行って勝たせてもらったのですけど、このクラスになると速い馬がたくさんいますし、好位からでも問題ないと思うので、大丈夫でしょう」

(馬場が渋った場合は?)
「気が良くて前向きなところがあるので、その辺は問題ないと思います」

(好走するための1番のポイントは?)
「強い馬がいますけど、3歳馬同士ですし先行力がありますからね。休み明けでも内回りなので問題ないと思います」

(最後に意気込みを)
オークスの時はずい分応援して頂きましたが、距離が長かったですし、スタートが良くなくて途中で引っ掛かったりしてチグハグな競馬になってしまいました。今回は頑張れると思うので、また応援してください」


シェーングランツ

(坂路での最終追い切りについて)
オークス以来で厩舎に戻って来て1か月たちましたが、秋華賞に向けてほとんど坂路で調整してきて、順調です」

(成長した点は?)
「春から比べると逞しくなったので、とても喜んでいます。元々おっとりしていて前半モタつくところがあったのですが、体が立派になってきたので、また違う競馬をしてくれるのかなと楽しみにしています」

(春の桜花賞9着、オークス7着を振り返って)
「前半行き脚がつかなかったので、後方からの競馬で結構距離を走ったことになりますが、今回は馬が逞しくなってきましたし、ハンデになるくらい前半置かれることはないと思うので、楽しみにしています」

(オークスからの直行になるが?)
オークスの後は疲れが見えましたので、ゆっくり休養させてもらいました。牧場での乗り出しも遅く1か月ほど乗ってから厩舎に来ましたが、順調に調整しています」

(この馬の好走するためのポイントは?)
「前半モタつくところがあったのですが、馬も随分たくましくなってもっとしっかり走れると思いますし、終いの方もしっかりしていると思うので楽しみにしています」

(最後に意気込みを)
「早いうちから期待していた馬なのですが、幾分体を持て余していたのがずい分たくましくなってきましたので、これから秋、来年と楽しみな馬だと思っています。また応援してください」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す