スマートフォン版へ

【秋華賞】ダノンファンタジー最後まで集中 川田&中内田師は合格点

  • 2019年10月10日(木) 06時10分
 「秋華賞・G1」(13日、京都)

 ラスト1冠獲りへ、視界は良好だ。ローズSをレコードVの2歳女王ダノンファンタジーは、川田を背に栗東CWでシャープな動きを披露。気負うところもなく、スムーズな走りだった。春のクラシックは無冠に終わった雪辱を果たす。

 仕上がりに不安は全くない。ダノンファンタジーは9日、栗東CWで川田を背に単走。徐々にペースをアップさせながら、頭を上げるそぶりも見せず、最後まで集中力は途切れなかった。4F51秒4-36秒7-12秒0。シャープな動きを披露した。

 1週前に芝で6Fから追われており、最終追い切りは走るリズムとしまいの反応を確かめた。鞍上が「春に比べてメンタル面で大人になっている。最後まで我慢できていた」と目を細めれば、中内田師も「いい動きだったし、よく我慢できていた。精神的に成長している」と課題を解消した姿に合格点をつけた。

 昨年は阪神JFを制し、最優秀2歳牝馬に輝いた。しかし、今年初戦のチューリップ賞を快勝したものの、1番人気に支持された桜花賞は4着、続くオークスも5着に敗れた。夏場は充電に充てると、秋復帰初戦のローズSは、高速馬場の阪神だったとはいえ、レコード勝ち。春の雪辱を果たすべく、好スタートを切った。

 週末は台風接近の影響で馬場状態の悪化が予想される。指揮官は「走ったことがないので…。得意ではないと思うが」と困惑の表情を浮かべるが、桜花賞馬、オークス馬が不在のラスト1冠で主役の座を譲るわけにはいかない。メンバー唯一のG1馬が復権を果たす。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す