スマートフォン版へ

【府中牝馬S】プリモシーン不安なし 木村師もパワーアップを実感

  • 2019年10月10日(木) 06時00分
 「府中牝馬S・G2」(14日、東京)

 プリモシーンは9日、美浦坂路を単走で軽快に駆け上がった。4F54秒9-40秒2-12秒6。9月中旬からWと坂路を併用して乗り込まれており、木村師は「毎週、毎週、状態を見ながら調整していますが、ここまでトラブルなく来ています」と仕上がりに不安はない様子。金曜にもWで時計を出す予定で調教過程に狂いはない。

 前走の中京記念は55・5キロを背負いながら、軽ハンデの上位2頭とは差のない3着。「厳しい条件でしたが、よく頑張って走っていると思います」と高い評価を与える。

 千八は初めてだが、二千の秋華賞の内容からも十分に守備範囲。「体が強くなって3歳の時とはフットワークが違う」とパワーアップした姿を実感していた。重賞3勝目をつかんで、G1の舞台へ突き進む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す