スマートフォン版へ

ラッキーライラック、府中牝馬S最終追い切り速報/栗東トレセンニュース

  • 2019年10月10日(木) 11時15分
 春の休み明けと同じ、芝1800mから秋の始動となるラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)。今朝10日は府中牝馬S(10月14日・東京芝1800m)に向けた最終追い切りを行っている。

 いつもと同じ、CWコースでの最終追いだったが、馬場閉鎖のアクシデントがあり、角馬場で待たされるような形に。これがどう影響したのか、騎乗した丸内永舟調教助手に聞くと「馬場入りする際に他馬の追い切りを見て、少し興奮するようなところがありましたが、向正面に行くと落ち着きました」とのこと。

 実際に動きを見ていても、向正面の走りはリラックスしていたし、ラップを見てもそれを示している。

 4コーナーから最後の直線ではしっかり加速できていて、ラスト1Fは鋭い伸び。時計は6F85.2〜5F69.1〜4F53.9〜3F38.7〜1F11.9秒。全体は速すぎず、後半は遅すぎずといった、ちょうどよい最終追いになったのではないだろうか。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す