スマートフォン版へ

【秋華賞】強い馬が結果を残し、展開の紛れは少ない/コース解説

  • 2019年10月13日(日) 06時03分
 13日に京都競馬場で行われる秋華賞(3歳・牝・GI・芝2000m)の舞台となる京都芝2000m。このコースについて解説していく。

 京都競馬場は内回りと外回りがあるが、芝2000mは内回りコースで行われる。

 スタンド前直線半ばからのスタート。初角となる1コーナーまで309mほど。さらに600mほど平坦コースを走って、向正面で3mほどの丘を上って下る。4コーナー手前で下り切るとゴールまではほぼ平坦。ゴール前直線は328m。

 ブゼンキャンドルティコティコタックの差し切り勝ちなど、内回りならではの波乱劇がイメージされやすいレースだが、過去5年の勝ち馬はショウナンパンドラミッキークイーンヴィブロスディアドラアーモンドアイ。いずれの馬も、その後に混合GIで馬券に絡んだり、海外G1を制しており、強い馬がしっかり結果を残すレースとなっている。内回り=前残りという単純な構図ではなく、直近5年で4コーナー4番手以内で連対を果たしたのは昨年ミッキーチャームのみ。展開の紛れは少ない。

 4回京都は全てAコースで行われ、秋華賞は4日目の開催。夏場に十分に野芝が生育した状態で開催されるため、良好な馬場コンディションで行われる。実際、開幕週は比較的、速い時計がマークされていた。ただし、今週は台風の影響を受けそう。いくら良好なコンディションとはいえ、2017年秋のように降雨が続けば馬場悪化は免れない。まずは台風による降雨がどの程度になったのか、しっかりチェックしておきたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す