スマートフォン版へ

【豪州競馬】「この馬にはずっと期待していた」フィアースインパクトのスミス調教師

  • 2019年10月12日(土) 18時00分
 12日、コーフィールド競馬場では4つのG1を含む、8つの重賞レースが開催された。

 優勝馬にはコーフィールドCの優先出走権も付与されるG2・ハーバートパワーSを優勝したのは、日本でもお馴染みD・レーン騎手騎乗のザチョーズンワン。NZから遠征中の同馬は、来週のコーフィールドCでメールドグラースと対戦する。

 3歳牝馬G1・サウザント・ギニーズではこちらもお馴染み、H・ボウマン騎手騎乗のフリットが優勝。

 3歳G1・コーフィールド・ギニーズではスーパーセスが優勝、コックスプレートを目標としていた1番人気ダーラサンは5着に破れた。

 マイルのハンデG1・トゥーラックハンデでは、ケイアイノーテックの全兄・フィアースインパクトが見事にG1初勝利。

 日本で生まれて英国へ輸出され、そこからまたオーストラリアの地へ渡ったディープインパクト産駒がついにその才能を開花させた。

 調教師のM・スミスは「この馬にはずっと期待していた。やっと結果が出てホッとしている、今までずっと大きなレースを勝てるとオーナーやみんなに言い続けていたからね。素晴らしい血統の馬で種牡馬としても期待している」とコメント。

 また、シドニーのランドウィック競馬場で行われた高額賞金レース、ゴールデン・イーグルの前哨戦のシルバー・イーグルではザインエヴィタブルが、3歳G1チャンピオンSではシャドウヒーローがそれぞれ優勝した。

(取材:川上鉱介)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す