スマートフォン版へ

【府中牝馬Sレース後コメント】スカーレットカラー岩田康誠騎手ら

  • 2019年10月14日(月) 18時19分
 東京11Rの第67回府中牝馬ステークス(3歳以上GII・牝馬・芝1800m)は4番人気スカーレットカラー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒5(稍重)。1馬身1/4差の2着に9番人気フロンテアクイーン、さらに半馬身差の3着に2番人気ラッキーライラックが入った。

 スカーレットカラーは栗東・高橋亮厩舎の4歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ母ヴェントス(母の父ウォーエンブレム)。通算成績は15戦3勝。

〜レース後のコメント〜

1着 スカーレットカラー(岩田康誠騎手)
「じっくり構えて直線勝負と考えていました。ペースが速かったですし、この馬のリズムを崩さないようにしたら後方2番手からになりました。直線は本当にいい脚を使ってくれましたね。今年に入って馬の中身がつまって良くなってきてますし、力をつけています。GIでもいいパフォーマンスを見せてくれると思います。距離は全然大丈夫です」

(高橋亮調教師)
「良い末脚でした。数字的に少し余裕もありましたし、馬に幅が出てきて成長を感じます。レースの消耗が大きい馬ですが、体質的にも強くなってきました。次走については在厩で様子を見てから決めようと思っていますが、天皇賞というのもプランの1つです。また2200mという距離も大丈夫そうですので、エリザベス女王杯というのも選択肢のひとつです。今日のメンバーでこれだけやれましたので、GIでも楽しみです。オーナーと相談して最終的に決めます」

2着 フロンテアクイーン(津村明秀騎手)
「悔しいですね。ラッキーライラックをみる位置をとれてレースぶりは上手くいって、直線も上手く開きましたが勝ち馬はすごい切れ味でした。よく頑張ってくれました。競馬が上手で素直な馬ですね」

3着 ラッキーライラック(松永幹夫調教師)
「良いところで競馬ができましたし、競馬自体は良かったと思います。馬体増は成長分ですし、今日は1.2着馬が強かったですが、本番では巻き返したいですね」

5着 クロコスミア(戸崎圭太騎手)
「前回よりも調子が上がっていて、具合も良さそうでした。良いレースができましたが、もうワンランク上がって欲しいですね」

13着 エイシンティンクル(勝浦正樹騎手)
「ゲートを出て考えていた競馬はすることができました。ポジションを取りに行くときに脚を使ったにせよ、ちょっと負けすぎですね」

15着 プリモシーン(福永祐一騎手)
「脚を使えるいつものこの馬からすると不可解です。最後は全く反応できず、なんとも言えません」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す