スマートフォン版へ

【菊花賞】ヒシゲッコウ不安“一杯” 直線脚上がり…動きピリッとせず

  • 2019年10月17日(木) 06時00分
 「菊花賞・G1」(20日、京都)

 ヒシゲッコウは16日、美浦Wでキャンベルジュニア(7歳オープン)、フィリオアレグロ(2歳新馬)を前に見ながらスタート。徐々にピッチを上げながら直線に入ったが、そこから脚が上がって一杯になり、先行する2頭に追いつくことはできなかった。ただ、5F67秒8-37秒9-12秒9とタイム自体はまずまず。「本来は併せ馬が理想ですがゴール後も追っていますし、負荷は十分にかかっているので許容範囲だと思います」と上原助手も問題なしを強調した。

 ただ、10日の1週前追い切りでも古馬のオープン馬2頭に2〜3馬身遅れており、3カ月ぶりの実戦になるだけに、直前でピリッとしない動きなのは気になるところだ。

 それでも長丁場の舞台には陣営も自信を隠さない。異父兄に昨年のマイルCSを制したステルヴィオがいるが、長距離適性を見込んでデビューから一貫して2000メートル以上のレースを使ってきた。「道中で無駄なことをしないし、最後の末脚を生かせればチャンス」と同助手もクラシック獲りへ意欲をのぞかせた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す