スマートフォン版へ

【菊花賞】サトノルークス好感触 新鞍上の福永も成長力を評価

  • 2019年10月17日(木) 06時00分
 「菊花賞・G1」(20日、京都)

 初コンビの鞍上も好感触だ。セントライト記念2着のサトノルークスは16日、栗東CWでジャンダルム(4歳オープン)と併せ馬。これを2馬身半追走から直線は内へ。軽快な走りで前をとらえると、馬なりのまま併入し、5F66秒8-39秒0-11秒9をマークした。

 福永は「操作性が高そうだと思っていたけど、乗りやすい。いい馬」と笑顔。騎乗経験のある全姉タッチングスピーチ、全兄ムーヴザワールドと比較し、「この血統は、ひと夏越して良くなる。そういう成長曲線は、この血統の特徴」と評価した。

 池江師も満足そうに「癖をつかんでもらうように。前走がやや急仕上げだったので、上積みはある」と出来の良さを強調。初の長丁場にも「母父がサドラーズウェルズで、スタミナ豊富な血統」と距離克服を期待した。惨敗に終わった春のクラシック。そのうっぷんは淀で晴らす。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す