スマートフォン版へ

【JRA】ヴェロックス川田騎手「リズムが大事」/菊花賞共同会見

  • 2019年10月18日(金) 19時17分
ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手

――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
川田 返し馬の段階から力みが強くて、レースも力みの強い競馬ではありましたが、サートゥルナーリアも強かったですし、それでもこの馬としてはいい内容で秋緒戦を迎えることができたんじゃないかな、と思っています。

 夏を越して、春までにはみられなかったこれだけ力む面が出てきたので、そこは次が3000になるということで改善しなくてはいけないな、と思いました。

――改めて、春の二戦は?
川田 皐月賞はスムーズに競馬を組み立てることが出来て走り切ってくれて。着差はわずかでしたが、着差以上にサートゥルナーリアの強さを感じました。ダービーは外枠ということもあり、少し求めている競馬とは違いましたけれども、3着まで頑張ってくれました。この世代としては常にトップクラスの能力を示し続けてくれているんじゃないかな、と思います。

――今回はサートゥルナーリアはいませんが、そのあたりは?
川田 そうですね。皐月賞馬もダービー馬もサートゥルナーリアもいないので、ダノンキングリーもいないですしね。すごく注目される立場であるというのは重々承知の上ですけど、何よりもヴェロックスの競馬をして、というところですね。

――この馬の成長を感じるところは?
川田 正直なことをいうと、もっと早く成長できるのかな?と思っていたんですが。まだ、しっかりと成長しきれたわけではないので、来年良くなる馬なんだろうな、とは思っているんですけど。それでも、これだけの結果を出せているというのは、そもそものポテンシャルの高さだな、と思っています。

――舞台は淀3000m。適性は?
川田 ダービーの2400を思えば、この3歳世代同士であれば3000mでもこなしてくれるんじゃないかな、とは思いますけど。今週もまた馬場が悪くなる予報なので、それがどう出るのか、というのは正直わからないです。

 菊花賞は毎年みな初めて走る距離なので、どの世代もどの馬もそうですけどリズムが大事になると思ってますので、3000mを走りきれるリズムで走れればと思っています。

――最後にひとこと。
川田 前走後もここまで順調に歩みを進められていると思いますし、レース当日どんな馬場状態でこの馬がどういう対応ができるのかわからないですが、精一杯の競馬をヴェロックスとしたいと思ってますので(三冠の)最後の菊花賞を楽しんでもらえたらな、と思っています。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す