スマートフォン版へ

【メイクデビュー東京レース後コメント】コードジェニック加藤祥太騎手、シゲルチキュウ田辺裕信騎手ら

  • 2019年10月21日(月) 17時20分
 東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は2番人気コードジェニック(加藤祥太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒9(稍重)。1馬身1/4差の2着に3番人気オーラソラーレ、さらに3/4馬身差の3着に8番人気アルヒミストが入った。

 コードジェニックは栗東・杉山晴紀厩舎の2歳牡馬で、父ダンカーク、母ポラリス(母の父キングカメハメハ)。

〜レース後のコメント〜
1着 コードジェニック(加藤祥太騎手)
「調教で良い動きをしていました。パワーもあるので、自信を持って乗りました。砂を被ってフワフワするところはありましたが、追うと反応してくれて、まだ余裕がありました。センスもあり、上に行っても楽しみです」

2着 オーラソラーレ(丸山元気騎手)
「追い出しを待たされましたが、抜け出すとフワッとすると聞いていましたし、良い目標ができました。ただ、もうひと伸びほしかったです」

4着 ビートザウイングス(武藤雅騎手)
「ゲート内の駐立が良くなくて遅れてしまいました。それで後ろの位置になりましたが、付いて行けましたし、外に出すと良い反応で伸びてくれました」

5着 アントニウス(横山武史騎手)
「スタートは速かったですね。二の脚で盛り返してくれました。しまいはジリジリとした伸びでした。血統的にダートは合っていますし、更に良くなると思います」



 東京5Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は1番人気シゲルチキュウ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5(良)。半馬身差の2着に4番人気ソーユーフォリア、さらにアタマ差の3着に2番人気デトロイトテソーロが入った。

 シゲルチキュウは美浦・伊藤圭三厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ母アンシェルブルー(母の父マンハッタンカフェ)。

〜レース後のコメント〜
1着 シゲルチキュウ(田辺裕信騎手)
「スタートのセンスが良かったです。調教も動いていましたから順当勝ちでした。まだ成長の余地がありますし、これからが楽しみです」

2着 ソーユーフォリア(武藤雅騎手)
「競馬が上手で外めの追走でしたが、リズム良く運べました。新馬戦ですし、逃げ馬のペースにはなりましたが、この後も展開次第でチャンスがあります」

3着 デトロイトテソーロ(大野拓弥騎手)
「気性との戦いです。今日は自分が思っていた以上にうまく立ち回ってくれました。次につながる内容だったと思います」

4着 オレオレサララ(岩部純二騎手)
「良いペースでした。2番手から頑張っています。使って良くなるのではないでしょうか」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す