スマートフォン版へ

【スワンS】勢いよりも実績を重視したいレース/JRAレース展望

  • 2019年10月24日(木) 06時00分
 マイルCSの前哨戦であると同時に、スプリンターズSからの間隔も中3週と適当なので、スプリント路線を主戦場にする馬たちのための秋の目標レースという側面も持つ。各馬の適性も思惑も様々なので、なかなかすんなりとは決着しないレースになっている。

1.格の違いがものを言う

 過去10年の勝ち馬の内9頭には、それ以前に重賞を勝った実績があった。その内GIウィナーが2頭、GIIウィナーが3頭。実績馬が別定斤量をはねのけて好走する傾向が強い。

2.近年は差し優勢

 11〜14年の4年間は逃げ馬が毎年連対していたが、近年は差し優勢に変わっている。15〜18年で毎年上がり3Fタイム1位の馬が連対しており、連対した8頭の平均4コーナー順位は9.1。4角5番手以内から連対したのは重馬場だった17年の2着ヒルノデイバローのみ。

3.中距離を使われていた馬に注目

 ここ3年の勝ち馬ロードクエストサングレーザーサトノアラジンは2歳時にはクラシック出走を目指して中距離路線を歩んでいた。また、15年の勝ち馬アルビアーノは芝1800mのフラワーCを勝っていた。ずっと短距離ばかり使われている馬よりも、若い頃は中距離を使われていた馬の方が優勢となっている。


 スマートオーディンは今年の阪急杯を大外から出色の末脚で追い込んで優勝。それまでの不調が嘘かのような復活劇となった。続く京王杯スプリングC安田記念は敗れたが、高速馬場の流れに乗れなかった面が大きく、開催が進んである程度時計が掛かるようになっている京都に変わって見直しは可能。また3歳時の京都新聞杯で3〜4角の下りを上手に走れていたことから、京都コースに変わること自体がプラスとなる可能性も高い。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す