スマートフォン版へ

【メイクデビュー東京6Rレース後コメント】デュードヴァン C.ルメール騎手騎手ら

  • 2019年10月26日(土) 17時55分
東京6Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は1番人気デュードヴァン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒0(重)。2馬身半差の2着に3番人気ダノンファラオ、さらに半馬身差の3着に5番人気アストロブレイクが入った。

デュードヴァンは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牡馬で、父デクラレーションオブウォー母ジェラスキャット(母の父Tapit)。

〜レース後のコメント〜
1着 デュードヴァン(C.ルメール騎手)
「物見をする所がありましたが、鞭を一発入れると反応してくれました。この距離はピッタリでセンスも良いです。わがままなところもありますが、スタートから真面目に走っています」

2着 ダノンファラオ(三浦皇成騎手)
「大型馬でまだ体を持て余しています。それでもこれだけ走りました。良いものがありますし、走ってきそうです」

3着 アストロブレイク(田辺裕信騎手)
「気持ちは良いのですが、まだ馬体に余裕があります」

5着 サトノレガリア(戸崎圭太騎手)
「調教ではまだ緩い所もあって頼りない感じでした。レースでは、前半ハマってこない所もありましたが、3コーナー過ぎからはスピードに乗っていけました。徐々に良くなってくると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す