スマートフォン版へ

【天皇賞・秋】超豪華メンバーを圧倒! 最強牝馬アーモンドアイが突き抜け完勝!/JRAレース結果

  • 2019年10月27日(日) 15時43分
 27日、東京競馬場で行われた天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)は、中団の前でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)が、直線で最内から一気に突き抜け、2着の3番人気ダノンプレミアム(牡4、栗東・中内田充正厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分56秒2(良)。

 さらにクビ差の3着に6番人気アエロリット(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎)が入った。なお、2番人気サートゥルナーリア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)は6着に終わった。

 勝ったアーモンドアイは、父ロードカナロア母フサイチパンドラその父サンデーサイレンスという血統。前走の安田記念は海外遠征帰りに加えてスタートの不利もあって3着に敗れたが、秋初戦のここで超豪華メンバーを圧倒し、改めて現役最強を証明した。GIはこれで6勝目。牝馬による天皇賞・秋の制覇は2010年のブエナビスタ以来、9年ぶり。

C.ルメール騎手のコメント】
 安心しました。休み明けだったが、アーモンドアイは素晴らしい馬。素晴らしい脚で伸びてくれました。
 2番枠だったがアエロリットサートゥルナーリアの後ろで良いポジションを取れた。(直線一瞬他の馬に包まれたが)内ラチに十分なスペースがあった。
 平成の最後の天皇賞を勝ち、令和最初の天皇賞を勝つことができて凄く嬉しい。アーモンドアイは自分の能力を出してくれました。

天皇賞・秋ダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す