スマートフォン版へ

【ファンタジーS】今年はダイワメジャーの真価が改めて問われそう/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年10月30日(水) 19時20分
 2日に京都競馬場で行われるファンタジーS(2歳・牝・GIII・芝1400m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる5回の馬券絡みがディープインパクトクロフネ。次点で2回のスペシャルウィークキンシャサノキセキダイワメジャーアドマイヤムーンが続く。

 ディープインパクト産駒は「2-2-1-8」。昨年もダノンファンタジーが勝ち馬となっているほか、15年にはキャンディバローズ(5人1着)、メジェルダ(6人2着)、ブランボヌール(1人3着)と上位を独占してみせた。今年、出走予定のマジックキャッスルは、母ソーマジックが08年桜花賞3着、半兄ソーグリッタリングが19年関屋記念3着、エプソムC3着の実績を持つ。

 また、今年はディープインパクトの後継となるキズナ産駒(クリアサウンドレジェーロ)とリアルインパクト産駒(テリオスヒメ)が初出走。クリアサウンドストリートセンスやMr. Greeleyを輩出した牝系、テリオスヒメは3代母が名牝テンモン、注目に値する血統の持ち主と言えるだろう。

 ダイワメジャー産駒は「0-1-1-8」。17年アマルフィコースト(1人気3着)、12年プリンセスジャック(1人気4着)など、上位人気馬でも些か物足りない印象が否めない。今年はケープコッドシャレードラヴォアドゥースレシステンシアの4頭が出走を予定しており、上位人気と目される馬も多いだけに、どういった結果になるのか非常に興味深い。

 アドマイヤムーン産駒は「0-0-2-4」。勝ち負けまではできていないものの、14年ムーンエクスプレス(13人気5着)、12年アメージングムーン(10人気3着)など、二桁人気馬の善戦も目立つ。同産駒からはエレナアヴァンティが出走を予定しているが、母の父メジロライアンは先述したムーンエクスプレスと同じなので、複穴として一考する価値はありそうだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す