スマートフォン版へ

オジュウチョウサン、アルゼンチン共和国杯厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2019年10月30日(水) 15時25分
 アルゼンチン共和国杯(GII・ハンデ・東京芝2500m)に出走するオジュウチョウサン(牡8・美浦・和田正一郎)が、30日(水)最終追い切りを消化。ウッドチップコースで石神深一騎手が騎乗。ユキノエルドール(牡5・障害OP)を追走して、3馬身ほど先着するという内容だった。追い切り後の和田調教師のコメント。

「前走(六社S・3勝クラス・10着)は悪い状態ではなかったと思うのですが、物足りない結果となりました。調整を手控えたつもりはなかったのですが、8月終わりから9月初旬にかけて暑い日が多く、仕上げが少し甘かったのかもしれません。本来はレース間隔をあけた方が走れる馬なのですが、今回に関しては1度使ったことで上向いてくれればと思っています。

 今日の追い切りは終いだけしっかりとやりました。ピリッとさせるためにステッキを入れて追いましたが、しっかりと反応して走っていました。
 
 重賞でヨーイドンの競馬になると分が悪いでしょうし、流れ次第では自ら動いていく形も考えていますが、松岡騎手が思い切った競馬をしてくれるのではないかと思います」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す