スマートフォン版へ

グレイトホーン、京王杯2歳S厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2019年10月31日(木) 15時10分
 藤田菜七子騎手騎乗で京王杯2歳S(GIII・東京芝1400m)に出走するグレイトホーン(牡2・美浦・根本康広)が、30日(水)、ウッドチップコースで追い切りを行った。ファイアプルーフ(牡4・障害未勝利)を追いかけ、ラストは2馬身ほど先着している。追い切り後の根本調教師のコメント。

「終いだけやるようにという指示をしましたが、湿ったウッドチップコースでも終いはしっかりとしていましたし、思った通りの追い切りができました。新馬戦2着の時は勝った馬が強く、2戦目の未勝利は5着でしたが、あの段階ではまだ1800mが少し長かったようです。前走の未勝利(1着)で新馬と同じ1600mに戻したのは正解だったと思います。菜七子のためにオーナーに買って頂いた馬ですし、早めに勝ち上がることができたのも良かったですね。
 
 デビューから3戦は3キロの減量特典がありましたが、今回は重賞で皆横並びの戦いになります。ただ菜七子も成長していて、新潟リーディングを取るなどこれだけ勝っていれば無視のできない存在になってきています。それは本人も十分わかっているでしょうし、また壁にもぶつかると思いますが、それを超えていくようなジョッキーになってほしいですね。競馬学校にまた女性も入りましたし、彼女たちの目標になるように頑張ってほしいと思います。

 馬に関しては将来的にはもう少し距離に幅が出てきてほしいですが、東京の1400mは乗りやすいと思います。あとは菜七子にスタートを決めてほしいですね」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す