スマートフォン版へ

母系にラルムドランジュがいるユアソーラがC.ルメール騎手でデビュー/関西馬メイクデビュー情報

  • 2019年11月04日(月) 18時00分
 新馬戦の話ではないが、昨年の同時期に行われた5回京都3日目の2歳未勝利(芝1800m)の上位馬がみなオープンを勝っている。勝ち馬はロードマイウェイ(栗東・杉山晴紀厩舎)。クラシック路線には乗ることができなかったが、先日ポートアイランドSを勝ち、現在4連勝中だ。

 2着メイショウテンゲンは3歳になって弥生賞、3着ノーワンも同じく3歳になってフィリーズRと重賞制覇。G1ホースを3頭も生んだ、2008年4回京都6日目芝1800mが「伝説の新馬戦」と言われたりするが、この舞台は重賞ウイナーを生みやすい条件なのかも知れない。

【11月9日(土) 東京芝1400m】

ユアソーラ(牡、父キンシャサノキセキ母ヴィリエルバクル、栗東・安田隆行厩舎)

 母系には芝で4勝を挙げているラルムドランジュ(父Dansili)がいる血統で、2017年セレクトセール当歳にて、4000万円で落札されたキンシャサノキセキ産駒。本来なら函館デビューというプランのあった馬だが、ここまでいろいろとあって、デビューが遅れてしまった。

 今回の栗東入厩では順調に進んでおり、坂路での追い切り時計も週ごとに速くなってきている。ただ、厩舎としても期待の大きな馬だけに「もう少し動いてくれれば」と安田隆行調教師の評価も少し辛めとなっている。ただ、C.ルメール騎手を配するあたりは期待が大きいからこそ。最終追い切りの時計ももう少し詰まってくるだろうし、あとは実戦でどんな走りを見せてくれるかだろう。

【11月10日(日) 京都芝1400m(牝)】

フレジエ(牝、父ハービンジャー母ヒカルアマランサス、栗東・安田翔伍厩舎)

 母は2010年京都牝馬Sを制しており、その仔は芝で4勝を挙げたギモーヴ(父ハービンジャー)を筆頭に、結果を残している。父ワークフォーススイートセントも芝で2勝を挙げていることを思えば、母が現役時代に武器としていたスピードをしっかり伝えることができているのかも知れない。

 本馬は栗東へ入厩してから、坂路を中心に追い切られており、1週前追い切りがCW。斎藤新騎手(レースはO.マーフィー騎手)が跨って、1勝クラスを追いかける動きだったが、最後はきっちり追いつき、時計は6F82.5秒と水準以上の数字をマークしている。坂路での併せ馬のパートナーだったクラヴェルは先週デビュー勝ち。それに続きたいところだろう。

【11月10日(日) 京都芝1800m】

ラボンダンス(牝、父タートルボウル母トラディション、栗東・橋口慎介厩舎)

 おじにジャパンカップダートを連覇し、フェブラリーSも制したトランセンド(父ワイルドラッシュ)がいる血統。父タートルボウルの産駒は先週の京王杯2歳Sタイセイビジョンが勝利している。

 本馬は10月30日にCWで松山弘平騎手が跨って、3頭併せを行っているが、6F83.3秒でゴール前の脚色は見劣ったが、3頭の真ん中でプレッシャーを受ける状況。それを思えばよく動いているし、10月23日のCWでは6F81.1秒と速い時計をマークしており、先行する形なら動けている。ここまでの乗り込みも入念だし、いろんな状況での併せ馬もこなしているので、実戦での走りが楽しみ。

エレヴァテッツァ(牝、父ディープインパクト母スキッフル、栗東・松永幹夫厩舎)

 半兄フラガラッハ(父デュランダル)は同厩舎で管理され、中京記念を連覇。それ以外にも芝で4勝を挙げた半姉イリュミナンス(父マンハッタンカフェ)や芝で5勝を挙げた半姉エスティタート(父ドリームジャーニー)など、重賞でも活躍した馬が多数いる。

 松永幹夫調教師は「この血統はデビュー前の追い切りではあまり動いていないという印象」と話すが、本馬は10月23日のCWで6F81.2秒をマーク。体重の軽い見習い騎手が跨っていたとはいえ、この数字が出れば、水準以上の動きと評してよいだろう。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す