スマートフォン版へ

【JRA】北村友騎手「クロノジェネシスのリズムに合わせた競馬を」/エリザベス女王杯共同会見

  • 2019年11月06日(水) 19時09分
クロノジェネシスに騎乗予定の北村友一騎手

――前走の秋華賞を振り返ってください。
北村 強かったです。落ち着いていましたし、この馬の良さが出せたレースだと思います。プラス20キロはまったく太くなかったですし、レース前から斉藤先生から聞いていました。言ったとおりになっているというのは、厩舎力というか、すごくいい状態で馬を持ってきてくださったので良かったと思います。春のモヤモヤ感は忘れてはいけないのでしょうが、勝ててほんとによかったと思います。

――追い切りはいかがでしたか?
北村 先週は予定より時計が少し速くなってしまいました。行きたがる面が全面的に出ていて、折り合いに少し苦労するな、という感じではあったんですが。それを踏まえて今週は、最初の6ハロン目からゆっくり入って折り合いをつけて、終いの反応を確認する追い切りをしたかったんですけど。しっかり思っていた通りの追い切りができたし、反応も良かったので。良かったな、と思います。

――エリザベス女王杯の舞台は京都の外回り2200mですが、それについては?
北村 内回りの時もそうでしたが、もとから器用な馬なので。内回りも外回りも僕がそれほど意識しなくていいんじゃないかな、と思っています。レース前に落ち着いてくれているので、ゲートを(普通に)出てくれています。秋華賞ではポジションを取りに行きましたが、今回に関してはポジションをそこまで意識しなくても。馬のリズムで競馬をさせてあげるのが一番なんじゃないかな、と思います。

――相手関係はいかがですか?
北村 いいメンバーだと思いますし、オークスで離されたラヴズオンリーユーが出てきます。クロノジェネシス自身もGI馬となって再戦できることを楽しみに思います。

――最後にひとこと。
北村 今回、古馬とラヴズオンリーユーと対戦できること、いいジョッキーと競馬ができることを楽しみに思います。その舞台にクロノジェネシスで挑めるということに感謝の気持ちを持って、一生懸命頑張りたいと思います。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す