スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】ドラマのヒロインは…大人になったスカーレット/トレセン発秘話

  • 2019年11月06日(水) 18時00分
 無敗のオークスラヴズオンリーユーに、秋華賞クロノジェネシス。両3歳馬が注目を集める第44回エリザベス女王杯(10日=京都芝外2200メートル)の勢力図に異を唱えるのが「トレセン発(秘)話」火曜担当の高岡功記者だ。古馬の中にこそ、今が旬の馬が…。ついに本格化なった、あの馬のSuperflyを見逃すな!!

 スカーレットカラーには府中牝馬Sを制した直後から、天皇賞・秋への参戦プランが持ち上がった。が、程なくして「レース後の馬体の戻りが悪かった」(高橋亮調教師)ことから、同レースの出走回避を決断。エリザベス女王杯に矛先を向けることになった経緯は、多くの方がご存じかもしれない。

 ここで大事なのは、この一連の動きをどう受け取るかだ。「やはり、あれだけの脚を使った後だし、疲れが出たんだろう」とマイナスに捉える見方も可能だが…。結局、やめたとはいえ、「中1週で再度の東京遠征プランが出るほど、馬がしっかりした」が“正解”なのである。

 担当の山下助手いわく「若いころはカイバ食いの悪さや体質面の弱さがあって、レース後の1週間は運動とプールに行くことぐらいしかできなかった」

 オークスをフレグモーネで回避し、秋華賞は跛行で出走取り消し…GI2戦の“スクラッチ”を見ても、当時の“弱さ”がお分かりいただけるだろう。そう、そんな馬に中1週での東京再遠征プランが出たこと自体がある意味、驚異的なのだ。

「3歳時に比べて体重もだいぶ増えましたし、トモの肉の付き方なんて、もう別馬みたいですよ」と山下助手。そんな成長ぶりはしっかりレースにも表れている。

 府中牝馬Sは稍重施行ながら、前週の毎日王冠(良)と0秒1差に迫る1分44秒5の好タイムで走破。0秒3差3着に敗れたラッキーライラックの松永幹調教師は、勝ったスカーレットカラーの強さに脱帽したという。

「ウチの馬は目標にされてしまった部分もあったにせよ、力は出し切ってくれたと思うんだ。あれは勝ち馬の決め手がちょっとすごかった。しまいが速くなる展開で、あれだけの脚を使われては…。もう仕方がないよね」

 レースの前半4ハロンは46秒7。よどみないペースで流れながらも、後半4ハロンも46秒2と落ち込むことなく“加速”を続けたこの府中牝馬S。数字的にもハイレベルだったことは疑う余地がないが、そんなレースで、4角14番手からレースの上がりを1秒1も上回る33秒2でぶっこ抜いたのだから、松永幹調教師が言うようにスカーレットカラーが強過ぎたのだ。

 実際、2〜6着までは4角6番手以内の馬が占めていたことを考えれば、「展開が向いた」と片付けることには無理がある。

「以前は長くしぶとい脚を使うイメージだったけど、近走はちょっと違ってきましたね。前走にしたって3日前には台風ですごい大雨が降ってましたから、馬場は決して良くはなかったはず。それでも、あの勝ち時計なんですから」(山下助手)

 ラヴズオンリーユークロノジェネシスの両3歳GI馬に対抗し得る古馬筆頭はスカーレットカラーで間違いなし。すでに坂路野郎の中ではエリザベス女王杯の“構図”がしっかりと固まっている。

(栗東の坂路野郎・高岡功)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す