スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】栗東レポート ラッキーライラック

  • 2019年11月06日(水) 11時39分
☆10日(日)京都競馬場で行われる第44回エリザベス女王杯(GI)に出走を予定しているラッキーライラック(牝4、松永幹)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

ラッキーライラックについて、丸内永舟調教助手

・(府中牝馬ステークス3着は)休み明けのレースとしてはいい感じで送り出せましたし、速い流れの中、しっかり対応してくれたことでレースの後が良くなって現在に至ります。

・(その後は)普段通りでイライラするところも見られずいつも通りでした。

・(一週前の追い切りは)いつもかなり負荷をかけるところなので、当該週は騎手が乗ると決まっていたので、今週どう乗ってもいいようにビッシリやりました。いつもなら追いかけるのは追いかけるのですが直線に向いてすぐ捉えて離すという感じでした。今回は工夫してゴール前で並ぶか交わすかということを考えて乗っていました。結果的には追いつかなかったのですが、いい形だったと思います。

・(今週の追い切りは)離されずについていってゴール前で並ぶという話でしたが、あとは騎手に好きに乗ってくれということで時計云々よりはリラックスして走れていたので良かったと思います。

・(春と比べて)完成された身体になってきたという印象です。(精神面は)これが一番大きく、以前は人がいたら飼い葉を食べないとか(飼い葉の)時間が違うとソワソワしたりというところがありましたが、今は全く見られずに飼い葉食いが全く落ちないのでそれが助かっています。

・(京都競馬場外回り芝2200mは)距離は短いより長いほうがいいと思っていますので心配無いと思います。いつもマークされる側なのですが今回はいつもよりマークがゆるくなるかなと思っていますので、後は騎手に任せてスムーズに運べばと思います。

・応援してくださる方が多い馬です。一年以上勝っていませんがどうか応援よろしくお願いします。

〔取材:檜川彰人〕

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す