スマートフォン版へ

【デイリー杯2歳S】好走条件に合う穴馬に注目したい/JRAレース展望

  • 2019年11月07日(木) 10時00分
 秋競馬最初の2歳重賞として10月に行われていたのが、14年に朝日杯FSの前哨戦として施行時期が11月に繰り下げられた。2歳重賞としては数少ないGII戦で、後のGI馬を多く輩出してきた伝統の一戦でもあるが、同時期の2歳重賞にメンバーが分散するようになってからはやや重要性は薄れつつある。

1.前走の格は関係ない

 過去10年で、前走新馬〜1勝クラスだった馬は連対率20.6%なのに対し、前走オープン以上だった馬は連対率15.2%。下級条件だった馬の方が若干成績が良く、素質があれば前走の格は全くの問題にならない。なお、連対馬20頭は全てキャリア3戦以下だった。

2.控える競馬ができるか

 過去歴を見ると逃げ・先行馬の活躍が目立つが、それは少頭数になることがほとんどであることが影響している。過去10年間で前走逃げていた馬は[0-1-2-14]と不振。京都外回りマイルは上がりの脚が必須で逃げ一辺倒では通用しにくく、控える競馬を経験してきた馬の方が好走しやすい。

3.秋競馬に使われている馬が中心

 レースの施行時期が移動してからの5年間で、夏のローカル以来の臨戦で連対したのは15年2着のシュウジと昨年1着のアドマイヤマーズのみ。いずれも断然1番人気に推されていた。秋の中央場所は多くの素質馬がデビューする舞台でレースレベルも高くなっており、ローカルから休み明けで挑む馬にとっては超えるべきハードルは低くない。

 インザムードは阪神芝1600mでデビュー勝ち。内の2番手に控え、直線軽く促されると早々と先頭に立って押し切る内容で、2着には2.1/2馬身差を付け完勝した。過去10年、阪神芝1600mの新馬戦で1分35秒0を切る時計を出し優勝したのは、本馬と現在2勝クラスのコスモインザハート、そして15年の本レース覇者エアスピネルの3頭しかおらず、ここでも通用するだけの素質はありそう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す