スマートフォン版へ

【エ女王杯】ラッキーライラック力強さ見せた スミヨン好印象、久々Vへ気合

  • 2019年11月07日(木) 09時00分
 「エリザベス女王杯・G1」(10日、京都)

 ラッキーライラックは6日、新しくコンビを組むスミヨンと栗東CWで最終追い切りを行った。ウレキサイト(3歳1勝クラス)を2馬身追いかける形で進め、直線で内に入ると力強く伸びて併入した。6F82秒2-38秒6-12秒6。鞍上は「先週、目いっぱいのケイコは済ませてあるので、確かめる程度に。(併せた馬を)一瞬にして抜いてしまう面があるので注意してほしいと。じわりと伸びていましたし、乗りやすい」と好印象を持った様子だった。

 無傷の3連勝で阪神JFを制した2年前の2歳女王。続くチューリップ賞で4連勝を飾ってから約1年8カ月、勝ち星から遠ざかっている。秋初戦だった前走の府中牝馬Sは3着。何とかトンネルから脱出したい。松永幹師は「ここまで予定通りの調整ができています。リラックスしていい動きでした。このメンバーでも展開ひとつだと思っていますし、大きな力差はない」と気合が入っていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す