スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】 調子偏差値は波乱示唆! 大穴の“急上昇”馬登場でヒモ荒れとなるのか?

  • 2019年11月08日(金) 17時02分
 朝晩もグッと気温は下がり、秋が深まった感じがします。ここまで雨の多かった週末もようやく一段落。今週末は乾いた良馬場で、GIエリザベス女王杯が行われることになりそうです。

 やはり注目は、先日の秋華賞を制したクロノジェネシスと、オークス優勝以来約半年ぶりのレースとなるラヴズオンリーユーとの3歳女王頂上対決でしょう。対する古馬牝馬も虎視眈々。2年連続でこのレース2着になっているクロコスミア、昨年の牝馬3冠レースで活躍したラッキーライラック、さらには好調スカーレットカラーなどが新女王の座を争います。

 このレースを解明するには、3歳と古馬勢の現時点での能力比較は大事。さらに使ってきた馬と、休み明けのフレッシュな馬とのデキの差も気になるところ…。そんなときに「使える」のがnetkeibaオリジナルツール『調子偏差値』です。

『調子偏差値』は、当該馬が現在どういう調子にあるかを“偏差値”で表わしているデータツール。出走メンバーの調子順位がランキングで表されているので、「激走する可能性のある人気薄&危険な人気馬」がわかるという的中の秘密兵器です。

 調子が急上昇している馬は「急上昇」で表示されるので、それが人気薄だった場合は穴馬狙いにピッタリ。“急上昇”マークだけを狙い続けて高配当をGETしている人もいるようです。

 それでは、08日(金)12時に出たエリザベス女王杯の偏差値速報をお届けしましょう!

 1番人気が予想されるのは2頭。まず、ラヴズオンリーユーは偏差値75で堂々の1位。オークス時の72より数値は上なのでデキに関しては問題なさそうです。一方のクロノジェネシスは、偏差値71での3位。この馬も秋華賞時より上をマークしています。この両頭に加え、3頭目に入ってきそうな偏差値はチェックしておきたいところです。

 なお、偏差値2位には意外な超人気薄馬が74を出してランクイン。それとは別に、人気薄馬が“急上昇”として1頭登場しています。こちらもかなり気になりますね。

 アナタの本命候補はどんな偏差値&順位なのか? 一度、チェックしてみてはいかがでしょう?なお、日曜日・東京11RオーロCの調子偏差値は無料開放されています!

※レースによって「急上昇」に該当する馬がいない場合があります。該当馬の有無はご購入前にご確認いただければ幸いです。『調子偏差値』は、今なら無料配布中の予想ポイントでも利用することができます。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す