スマートフォン版へ

【エ女王杯】ラヴズオンリーユー初黒星3着 矢作師「申し訳ない」次走はJCか香港

  • 2019年11月11日(月) 09時00分
 「エリザベス女王杯・G1」(10日、京都)

 一昨年の2歳女王ラッキーライラックが復活の一撃-。新コンビのスミヨンに導かれ、自身2つ目のG1タイトルを手に入れた。クロコスミアが3年連続の銀メダル。注目を集めた3歳G1馬2頭はラヴズオンリーユーが3着、クロノジェネシスは5着に終わった。

 デビューからの連勝は4でストップした。1番人気に支持されたオークスラヴズオンリーユーは3着。道中は2番で運んだが、もうひと押しが利かなかった。

 爪の不安で秋華賞をパス。半年ぶりの実戦は一線級の古馬との初対戦だった。「最後の直線では内にモタれましたが、すぐに立て直すことができました。3歳で久々の実戦と厳しい条件があったので…」とM・デムーロは静かに話した。矢作師も「体はできていたが、内面の部分が…。ファンに申し訳ない」と言葉を絞り出したが、「折り合ってレースができたのは大きい」と光はあった様子だった。

 次はジャパンC(24日・東京)か香港ヴァーズ(12月8日・シャティン)の予定。「状態を見て考えたい」と師。初めて味わった敗北をバネに再び頂点を目指していく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す