スマートフォン版へ

【エ女王杯】ラッキーライラック復活V オルフェの子でスミヨン「無念晴らした」

  • 2019年11月11日(月) 06時00分
 「エリザベス女王杯・G1」(10日、京都)

 一昨年の2歳女王ラッキーライラックが復活の一撃-。新コンビのスミヨンに導かれ、豪快な末脚で秋の牝馬頂上決戦を制し、自身2つ目のG1タイトルを手に入れた。クロコスミアが3年連続の銀メダル。注目を集めた3歳G1馬2頭はラヴズオンリーユーが3着、クロノジェネシスは5着に終わった。

 赤い糸はつながっていた。勝負の4コーナー。外に持ち出そうとしたその時、スミヨンは視線を右に。内にスペースを見つけると、迷わずラッキーライラックを導いた。強烈な反応を示したオルフェーヴルの娘は、押し切りを狙うクロコスミアを照準に、信じた末脚を放つ。並ぶ間もなくかわした先に、栄光のゴールは待っていた。

 拳を握り締め、人さし指をそっと口元にあてる。14年のジャパンCエピファネイアで制して以来、約5年ぶりのJRA・G1制覇は、騎手魂を激しく揺さぶる1勝となった。「この馬がオルフェーヴル(12、13年凱旋門賞コンビで2着)の子どもだということに、とても縁を感じていました。勝てて本当に良かった。あの時の無念を晴らした気持ちです」と胸を張った。

 この秋、7年ぶりにJRAの短期免許を取得したスミヨン。菜食中心のメニューに変更するとともに、トレーニングに励むことで、懸案だった体重管理も克服した。「私自身、ベストの状態で日本に来ることができました。思っていたよりも位置取りは後ろになりましたが、しっかりとためて行こうと。内があいたのはラッキーでしたが、切れる脚がなければ、勝てていなかったと思います」。インタビュー後は、自らスタンドのファンに歩み寄り、差し出された色紙にペンを走らせた。

 「やっと勝てた、という気持ちです。枠順を見てあの時のことがよみがえってきましたし、いいイメージを持っていました」。松永幹師が騎手時代、ファレノプシスで勝利した時と同じ1枠2番からの戴冠。17年の最優秀2歳牝馬は昨年のチューリップ賞を制して以来、遠ざかっていた白星と最高の形で再会を果たした。全ては、つながっている。「力を出し切れば、こういう勝利があると確信しました」。ようやくつかんだ歓声をもう手放すことはしない。先を見据える指揮官の視線は決意に満ちていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す