スマートフォン版へ

【海外競馬】欧州年度代表馬はエネイブル! ゴスデン厩舎から4頭受賞

  • 2019年11月13日(水) 15時13分
 ヨーロッパにおける年度代表表彰であるカルティエ賞が発表され、年度代表馬にはエネイブル(牝5、英・J.ゴスデン厩舎)が輝いた。同馬は2017年に続く2度目の受賞で、ジョン・ゴスデン師は昨年のロアリングライオンと併せて3年連続の管理馬の受賞となった。

 エネイブルは父Nathaniel母Concentricその父Sadler's Wellsという血統。3連覇を狙った凱旋門賞(G1)では2着となったが、エクリプスS、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、ヨークシャーオークスと3つのG1を勝利し、今年は4戦3勝だった。年度代表馬の複数年受賞は2004・06年のウィジャボード、2011・12年のフランケルに続く史上3頭目。

【2019年カルティエ賞】
年度代表馬エネイブル
■最優秀古馬:エネイブル
■最優秀ステイヤー:ストラディヴァリウス(牡5、英・J.ゴスデン厩舎、2年連続の受賞)
■最優秀スプリンター:ブルーポイント(牡5、英・C.アップルビー厩舎)
最優秀2歳牡馬:ピナトゥボ(英・C.アップルビー厩舎)
最優秀2歳牝馬:クアドリラテラル(英・R.チャールトン厩舎)
最優秀3歳牡馬:トゥーダーンホット(英・J.ゴスデン厩舎、昨年は最優秀2歳牡馬を受賞)
最優秀3歳牝馬:スターキャッチャー(英・J.ゴスデン厩舎)
■功労賞:パット・スマレン騎手(アイルランドで9度のリーディング、今年がんの治療のため引退を発表)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す