スマートフォン版へ

【東京スポーツ杯2歳S】1枠が5勝を挙げる活躍を見せるが、少頭数時は枠順不問/データ分析(枠順・馬番編)

  • 2019年11月15日(金) 12時18分
 16日に東京競馬場で行われる東京スポーツ杯2歳S(2歳・GIII・芝1800m)について枠順・馬番別に検証していく。

 過去10年、馬番別では最多となる5回の馬券絡みが1番。次点で3回の2番、9番、10番、15番となっている。なお、勝ち馬に焦点を当てた場合、1番が3勝、2番が2勝を挙げている。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 5-0-2-6 複勝率53.8% 複勝回収率142%
2枠 0-2-0-14 複勝率12.5% 複勝回収率49%
3枠 1-0-3-12 複勝率25.0% 複勝回収率67%
4枠 0-0-0-17 複勝率0.0% 複勝回収率0%
5枠 0-1-2-14 複勝率17.6% 複勝回収率67%
6枠 1-0-2-15 複勝率16.7% 複勝回収率161%
7枠 2-2-1-14 複勝率26.3% 複勝回収率61%
8枠 1-5-0-13 複勝率31.6% 複勝回収率98%

 過去10年で1枠の馬が5勝を挙げる活躍を見せており、昨年も1枠2番から勝利したニシノデイジー(8人気)が高配当の立役者となっていた。東京スポーツ杯2歳Sが行われる5回東京5日目は、東京競馬場の芝コースがBコースからCコースへと替わるタイミングでもあり、内柵の移動によって馬場の傷みがカバーされる影響も少なからずあるだろう。

【11頭立て以下】
1枠 0-0-2-1 複勝率66.7% 複勝回収率120%
2枠 0-0-0-3 複勝率0.0% 複勝回収率0%
3枠 1-0-0-2 複勝率33.3% 複勝回収率36%
4枠 0-0-0-3 複勝率0.0% 複勝回収率0%
5枠 0-0-1-2 複勝率33.3% 複勝回収率0%
6枠 1-0-0-3 複勝率25.0% 複勝回収率27%
7枠 0-2-0-3 複勝率40.0% 複勝回収率54%
8枠 1-1-0-2 複勝率50.0% 複勝回収率90%

 今年は特別登録の段階で11頭立て以下での開催が決定していたが、最終的に8頭立てに。ここまで少頭数となると枠順の有利不利は薄れており、17年(7頭立て)、16年(10頭立て)、15年(11頭立て)、いずれも1〜4人気に推されていた馬が連対を果たしていた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す