スマートフォン版へ

【ジャパンC】ダンビュライト陣営「ゲートまでしっかり行けばチャンスはある」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2019年11月19日(火) 21時00分
 ダンビュライトルーラーシップ産駒。お父さんは年を重ねるにつれ、ゲートで難しいところをみせるようになり、ラストランとなった有馬記念では絶望的な出遅れから3着に追い込む凄みを見せていました。そのポテンシャルの高さを知らしめたものの、やはりゲートを五分に出ないことには…。結局、GIは香港のQEIICだけという結果でしたね。

 息子のダンビュライトは昨年の天皇賞(秋)の苦い思い出がどうしても忘れられません。馬場入り後、発走除外となったあのレース…。そして、今回はあの時以来の東京競馬場での出走となります。

「テンションが上がらないようにこちらは努力していますが…。以前と比べて落ち着きは増しています。ただ、東京競馬場はお客さんとの距離が近いんです。対策を打ってはいきますが、それがどう出るか…。ダンビュライトはジョッキーが跨ってからスイッチが入るまでのスピードが速いんです。走り出せば冷静になるけれどね」と担当の濱田助手。

 状態については「安定して上のレベルにいる」と、かなり自信を持っていますし、距離についても「以前は2200mくらいまでかな?という印象もありましたが、前走は2400mでも4角回ったあとも手ごたえがありましたからね」と陣営は不安視していませんでした。

 そして、「ゲートまでしっかり行ければチャンスはあると思います」とのこと。こればかりは東京競馬場のGIデーの雰囲気を練習することはできませんから。

 その日のダンビュライトは、長くなった前髪を三つ編みにしてもらって、顔の雰囲気がさらに可愛らしくなっていました。厩舎で顔を見ているときは、特にそういった難しいところを見せるような雰囲気はないんですけどね。あぁ、それはお父さんのルーラーシップもそうでした…。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す