スマートフォン版へ

【ジャパンC】スワーヴリチャードが内から抜け出し戴冠! O.マーフィー騎手はJRA・GI初制覇/JRAレース結果

  • 2019年11月24日(日) 15時46分
 24日、東京競馬場で行われたジャパンC(3歳上・GI・芝2400m)は、中団の前でレースを進めたO.マーフィー騎手騎乗の3番人気スワーヴリチャード(牡5、栗東・庄野靖志厩舎)が、直線で最内を突いて抜け出し、好位から脚を伸ばした5番人気カレンブーケドール(牝3、美浦・国枝栄厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分25秒9(重)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に2番人気ワグネリアン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)が入った。なお、1番人気レイデオロ(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)は11着に終わった。

 勝ったスワーヴリチャードは、父ハーツクライ母ピラミマその父Unbridled's Songという血統。昨年の大阪杯に続くGI・2勝目を見事飾った。また、今回本馬と初コンビを組んだO.マーフィー騎手は、これが初のJRA・GI制覇となった。

【O.マーフィー騎手のコメント】
 世界的権威のあるジャパンCを勝てたことに本当に感謝していますし、日本に来る上でもジャパンCは一つの大きな目標だったので非常に嬉しいです。
 カレンブーケドールを押して進路を作ることはできなくて、逃げ馬が疲れていたのは分かっていたので、敢えて内を突きました。
 とにかくファンの声援が凄くて、競馬場の雰囲気も最高でした。今後も日本に毎年のように来たいと思いますし、今後もファンの皆さんの応援をお願いしたいです。

ジャパンCダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す