スマートフォン版へ

【カペラS】昨年はワンツー決着、Deputy Minister持ちの躍進が続く/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年12月05日(木) 10時00分
 8日に中山競馬場で行われるカペラS(3歳上・GIII・ダ1200m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる3回の馬券絡みがアフリートキングカメハメハ。2回でゴールドアリュールワイルドラッシュアドマイヤコジーンが続く。好走種牡馬が多種多様であるとともに、シルクフォーチュン(13年3着、12年1着)、ティアップワイルド(11年2着、10年2着)、スノードラゴン(17年2着、13年2着)、とリピーターの活躍が見られることも特徴だろう。

 Spring At Last産駒は「1-0-0-0」。昨年の勝ち馬コパノキッキングが連覇を目論む。父系はDeputy Ministerの直系にあたるが、17年ディオスコリダー、16年ノボバカラ含め、3代以内にDeputy Ministerの血を持つ馬が3連覇中。今年は昨年よりも斤量が3kg増え、58kgでの出走になることがポイントか。

 シニスターミニスター産駒は「0-0-0-2」。今年は前走JBCレディスクラシックで2着に好走したゴールドクイーンが上位人気と目される。父系をA.P. Indy系の括りで考えても「0-0-0-12」と苦戦傾向にあるが、上位人気に推されていた馬も多くはなく、改めて真価を問われそうだ。

 ゴールドアリュール産駒は「1-0-1-4」。延べ2頭が好走を果たしているが、いずれもシルクフォーチュン(13年3着、12年1着)による成績。今年、出走を予定しているテーオージーニアスは半兄テーオーヘリオスが18年北海道スプリントCを制しており、10年佐賀記念・2着のフサイチピージェイは叔父にあたる。

 サウスヴィグラス産駒は「0-0-1-6」。ダートスプリント路線の頂点を極めたコーリンベリー(16年1人気3着)でも苦戦しており、15年エイシンヴァラー(1人気8着)、10年ナムラタイタン(2人気12着)など、人気を裏切るシーンが目立つ。今年は地方交流重賞で善戦しているヒロシゲゴールドが出走予定。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す