スマートフォン版へ

【香港ヴァーズ】ディアドラ活力十分 マーフィー「チャンスはある」

  • 2019年12月05日(木) 06時00分
 「香港ヴァーズ・香港G1」(8日、シャティン)

 日本から参戦する9頭のうち、7頭が最終追い切りに臨んだ。芝コースで力強い脚さばきを見せたのは、カップに出走するインディチャンプ。海外初タイトル奪取に向けて視界は良好だ。ヴァーズのディアドラも、快活な走りで好ムードを漂わせている。

 世界を転戦するタフネス牝馬が力強い走りを披露した。今年の海外7戦目となるディアドラは4日、マーフィーを背に芝コースで追われた。

 6F84秒9-2F22秒5を計時。少し行きたがり、鞍上との呼吸が乱れるシーンもあったが、「残り600メートルからスピードを乗せて行った。前にいた馬が遅くて行きたがったので抑えた」と問題なしと言わんばかり。「乗りやすくてパワーがあり、牡馬みたいな馬。よくカイバを食べて、水を飲んで、いい状態で出られたらチャンスはある」と金星ゲットに自信を見せた。

 チャンピオンS・英G1(3着)後、同国で調整されてからの香港入り。昨年の香港C(2着)に続き2度目とあって、込山助手も「来ているのといないのとでは大きく違う。いろんなところに行っても極端に変わらない馬。牝馬でこれだけ問題なく来られるのは、すごいこと」と精神力の強さに脱帽していた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す