スマートフォン版へ

【さざんか賞レース後コメント】ヴァラークラウン岩田康誠騎手ら

  • 2019年12月14日(土) 15時55分
阪神9Rのさざんか賞(2歳1勝クラス・芝1200m)は2番人気ヴァラークラウン(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分9秒2(良)。1馬身半差の2着に4番人気モズアーントモー、さらに1馬身3/4差の3着に7番人気エイリアスが入った。

ヴァラークラウンは栗東・鮫島一歩厩舎の2歳牝馬で、父ダノンシャンティ母ヴァレッタ(母の父Cape Cross)。通算成績は3戦2勝。

-レース後のコメント-

1着 ヴァラークラウン(岩田康誠騎手)
「レース自体はすごいスピードを見せながら、冷静に走っていました。自分でペースを落としていけますし、遊びもあります。ただ、スイッチが急に入ってしまいそう感じもあります。落ち着いて走れればもっと上を目指せると思います」

2着 モズアーントモー(福永祐一騎手)
「上手く立ち回ってくれましたが、勝った馬がしぶとかったです」

3着 エイリアス(幸英明騎手)
「道中ハミをとらず、ズブさを見せましたが、4コーナーでグッときました。ただ直線で詰まってしまいました。スムーズにさばければ、もっとやれたと思います」

4着 シゲルミズガメザ (岩崎翼騎手) 
「1200mの方で距離は良いと思います。こういう競馬ができましたから、次にメドが立ったと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す