スマートフォン版へ

【川崎・全日本2歳優駿】ヴァケーションが差し切りV! 地元川崎から2歳ダート王誕生!/地方競馬レース結果

  • 2019年12月18日(水) 20時15分
 18日、川崎競馬場で行われた第70回全日本2歳優駿(2歳・JpnI・ダ1600m・1着賞金3500万円)は、向こう正面から徐々に進出を開始した吉原寛人騎手騎乗の5番人気ヴァケーション(牡2、川崎・高月賢一厩舎)が、直線でもしぶとく脚を伸ばし、逃げ粘る4番人気アイオライト(牡2、美浦・武藤善則厩舎)をゴール直前で差し切って、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分41秒9(稍重)。

 さらに1/2馬身差の3着に9番人気ティーズダンク(牡2、浦和・水野貴史厩舎)が入った。なお、1番人気メイショウテンスイ(牡2、栗東・南井克巳厩舎)はティーズダンクから2馬身差の4着、2番人気テイエムサウスダン(牡2、栗東・飯田雄三厩舎)は5着、3番人気キメラヴェリテ(牡2、栗東・中竹和也厩舎)は9着に終わった。

 勝ったヴァケーションは、父エスポワールシチー母テンノベニバラその父サッカーボーイという血統。ダートグレード競走になって以降、南関東所属馬としては2006年のフリオーソ以来13年ぶり史上3頭目、地元川崎勢としては初の全日本2歳優駿制覇を果たした。また、本馬を管理する高月賢一調教師にとっても、これがダートグレード競走初勝利となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す