スマートフォン版へ

【有馬記念】アエロリット 有終Vへデビュー16年目・津村が初のG1制覇で導く

  • 2019年12月20日(金) 06時00分
 「有馬記念・G1」(22日、中山)

 デビュー16年目でたどり着いた念願の大舞台。ラストランを迎えるアエロリットとコンビを組む津村が、自身初のG1制覇を懸けて一世一代の勝負に挑む。「チャンスを頂いて、とても光栄です」と押し寄せる緊張感に身を引き締めている。

 アエロリットとは10月の毎日王冠(2着)以来、2度目のコンビとなる。「追い切りでもレースでも、G1馬らしいパワーとスピードが伝わってきました」。久々の右回り、初距離と未知の部分はあるものの、ゴール前で差し返そうとする勝負根性は、タフなレースになればなるほど必ず生きると確信している。「鍵は1周目のスタンド前ですね。そこをうまく切り抜ければ、チャンスは広がると思います」とポイントを挙げた。

 千葉県船橋市出身だけに、中山競馬場で行われるグランプリには並々ならぬ思い入れがある。「そもそもジョッキーになろうと思ったのは、ナリタブライアンが勝った有馬記念(94年)を見てからですから。本当に強かった」と述懐する。今年はカレンブーケドールとのコンビで、オークス秋華賞、そしてジャパンCと3度も2着に惜敗。それだけに「ここでうっぷんを晴らす競馬ができたら」と意気込む。第1回を除き、有馬記念初騎乗で勝利したのは過去7人。32回目のG1挑戦での悲願成就へ、こん身の騎乗でタイトル奪取を目指す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す